ラグビー タックルが強くなるには?秘訣を教えましょう。







このページでは、試合中にナイスタックルが決まらない人の為に一発で相手を仕留める為に、何を意識すればよいのか紹介致します。

このページで書かれている事が実践出来れば、味方や監督に「ナイスタックル!」と言われ信頼を勝ち取る事が出来るでしょう。

1.タックルが強くなるには?・・・体重

基本中の基本だが、タックルだけでなくラグビーにおいて、試合で相手より優位にプレーするのであれば、相手よりも体重を優位にする必要があります。

 

体重と力には相関性があるため、単純に考えると体重が多いプレイヤーの方が強いのです。

 

筋肉による体重増加が理想とされますが、激しいプレーをするにはまずは体重が必要です。

 

身長が低いプレイヤーでも、スピードと体重があれば十分に激しいタックルは可能です。

 

2015ワールドカップの日本代表を例に上げてみますと、スクラムハーフの田中 史朗選手(166cm 75kg)は、お手本となるプレイヤーでしょう。

2.タックルが強くなるには?・・・必要な筋トレは?

強いタックルを決めるために必要な筋トレメニューは何でしょうか?

 

スクワットやベンチプレスなど、一通りの筋トレは全員が行っているでしょう。そして自分の体重の2倍・3倍といった重量で鍛えている人もたくさんいるでしょう。

 

筋力が強いプレイヤーは、日本にも大勢います。しかし、その中で一発で相手を仕留めるようなタックルをしてくれるプライヤーはどれくらいいるでしょうか。

 

自分のいるチームを見てみましょう。筋トレを頑張っているプレイヤー達が試合中に見せてくれるタックルは、相手を仰向けにするタックルでしょうか。

 

恐らく、相手を倒す事だけを目的としたタックルをする選手が多いのではないでしょうか。激しく相手を一発で仰向けにし、味方を鼓舞し試合の流れを変えるタックルを見せてくれる選手は少ないでしょう。

 

では、タックルが強くなるための筋トレはどこを鍛えればいいのかメニューを紹介致します。

①ダンベルショルダープレス

 

②ダンベルシュラッグ

 

③ダンベルスナッチ

 

④ダンベルサイドレイズ

「何で、肩ばっかりなんだよ!」

 

とツッコミたくなりますよね。

強いタックルには、強くて壊れない肩が必要です。肩に鎧を装着する必要があります。そうです。”筋肉の鎧”をです。

3.タックルが強くなるには?・・・肩がポイント

「しっかり踏み込んで、相手をバインドしなさい!」

 

タックルを指導されるうえで、必ずと言っていいほど言われる事ではないでしょうか。

 

決して、間違いではありません。しかし、これだけでは、激しく強いタックルが出来るようになるには難しいでしょう。

 

「インパクトを意識しろ!」

 

と言われても、どうやって意識すればいいだよ!って話しです。

 

それも、そうです。一発で相手を仰向けにする”強いタックルをした事が無い指導者には強いタックルをするポイントが理解出来ていません。

 

なので、相手を倒す基本的なタックルについては指導出来ても、試合の流れを変えるような強いタックルについて教える事が出来ないのです。

 

では、ここで”タックルが強くなるために何に意識するべきかお伝えします。


https://news.goo.ne.jp/picture/rugby/kyodo_photo-20151012GZ___00041000.html
それは、相手のオヘソ付近に”肩を投げ込む”ようなイメージを持つことです。まさに、「インパクト」を正確に言うと、相手に肩をぶつけた時のインパクトの強さです。

 

相手に低くタックルを入る事に意識しすぎたり、踏み込むことに意識しすぎても、タックルが強くなる事はないでしょう。

 

如何に激しく、相手に肩を投げ込む事が出来るかでタックルの”強さ”、”激しさ”が変わってきます。
肩を投げ込むイメージで下記の動画を見てみましょう。一発で相手を倒すタックル集です。

その為にも、鎧(筋肉の)を装着するための肩に特化した筋トレは重要になってきます。

 

鎧が装着出来ていないのに、強いタックルに入ろうとしても体が壊れるだけなので止めておきましょう。

 

ただ、筋力が無いから相手を仰向けに出来ないわけではありません。体が小さくでも筋力が弱くても、相手を仰向けにする事は可能です。

 

 

 







コメントを残す