ラグビー タックルへの恐怖心を克服する方法







初めての試合でのタックルは選手達の記憶にどのように残っているでしょうか。痛みが伴うタックルには勇気が必要ですが、同時に恐怖心を克服するためのマインドや習慣も成功への鍵を握ります。

 

このページでは、タックルの恐怖心をひも解き克服のキッカケとなる方法を紹介致します。

1.恐怖心を克服・・・恐怖の理由を明確に

積み重ねた練習はプレーの土台となりますが、実戦で活きるかどうかは経験とセンスが必要です。

 

試合になれば相手の事もよく分からないままタックルをしなければいけません。故に多少の緊張が生まれます。それは僅かな思い込みをするだけで、気が付けば恐怖を覚える事にもなります。

 

生まれた恐怖を克服する為には、その根本と向き合うべきでしょう。

 

主にタックルの恐怖心となるものは以下のようなものです。

・相手がどれくらい強く早いのか、自分の力量と測ってしまおうとする時。

・相手に抜かれてしまいピンチを作ってしまわないかという恐れ

・怪我に対する恐れ

 

相手の力量を測ってしまう時、自分に対応できる相手かどうかを考える事により本来のパフォーマンスが十分に発揮できなくなります。

 

それは緊張を生み相手に先手を取られる結果にもなってしまいます。

 

なぜなら力量を測る時、人は本気を出さない事が多いからです。相手の力に合わせて自分に必要なパフォーマンスをしようとします。

 

これは、日本人はスロースターターと言われる所以(ゆえん)でもあります。

 

相手にタックルが入れず抜かれてしまうならピンチを招きチーム全体の統率が乱れやすくなります。

 

ラグビーの選手人数は15人と多いですが、1つのミスで残り14人がそのミスをカバーしなければいけません。そのミスをカバーできない場合は、無論相手にトライを許してしまう事になります。

 

また、痛みの恐怖はほとんどが経験によるものです。

 

タックルにより怪我をした場合、再発を恐れ満足にタックルに行けなくなります。その場合、強いタックルが出来ず相手に勢いを与えてしまいます。

 

怪我はその選手の今後のプレースタイルも変えてしまう為、怪我との戦いもラグビー選手にはつきまといます。

 

勿論、言葉の表現が恐怖か緊張か武者震いかは各々の感じ方によりますが、やはり心理的な面を考えればタックル成功率と大怪我の経験には相関性があると考えられます。

2.恐怖心を克服・・・自信

結論から言いいますと、成功体験を増やす事で技術や経験を身に付け恐怖を失くす事に繋がります。つまり自信を持てるのです。

 

理屈ではなくこの”自信こそ恐怖に打ち勝つ根拠”なとなるのです。

 

ただし、その為には最低限の準備は必要です。それは正しいスキルを学ぶ事に他なりません。

 

タックルを覚える為に必要なのは正しいタックルの姿勢や動作を知る事です。スクラムの姿勢を見ていれば分かるでしょう。あの姿勢こそ基本的なタックルの姿勢です。


http://blog.goo.ne.jp/3509062609/e/410c918cb2cf11132662ae54929123f8

ただ、あくまでも基本的な姿勢です。形にこだわる必要はありません。

 

1つの形にこだわり過ぎれば、それだけタックルのスキルが少なくなってしまいます。想定外の攻撃には対処できないのです。※そもそもラグビーの攻撃は走るコースが決まっているような単純なスポーツではありません。

 

また、自分なりのタックルの形を作る一方で、”安全”には常に意識して下さい。怪我をしないようタックル時の肩・胸、首をどのように当てにいくのか、これらの一連の動作を体に覚えさせる事は必須です。

 

そして実際の試合では個人の判断に基づき成功率の高いタックルを行う事、そのタックルを最も強いポジショニングから繰り出さなければいけません。

別記事:自分のタックルが成功する範囲を確認しよう>>

 

また成功体験に基づく理論を選手が持てる事により、間違ったパフォーマンスに対する改善が出来ます。

 

「なぜ、このタックルは綺麗に決まったのか?」試合後にビデオを見ながら振り返りを行ってください。

・ただ、相手が真っすぐ走って来ただけだから。

・気持ちが高ぶりすぎて恐怖心などなかったから。

・タックルの姿勢が練習通りにできたから。

 

どんなスポーツでも同じですが、1つの試合がゴールではありません。例え何らかの決勝戦であろうともです。今後プレーを続ける以上、その先に待つ試合でプレーをし成長し続けなければいけません。

 

試合を定期的に行えば、必然的に相応のセンスが養えます。しかし一方で試合数に応じて怪我も増えればプレーの可動範囲が限定されパフォーマンスも落ちていく為、試合数も限られてきます。

 

試合に出られる選手は、1試合1試合を大事にし貴重な経験・データとして常に振り返りを行ってください。

 

基本敵にタックルが怖い選手は、ディフェンスも積極的ではないため、ボールが出た瞬間に前に出るスピードも遅いです。→他の選手に頼る傾向があります。

 

前に出れば、スペースを潰せて簡単に攻撃を止めれるにも関わらず、タックルに行くのが怖くて・嫌で、前に出る事ができないのです。

 

タックルについて恐怖を感じる事は、例外を除けば正しい技術や判断力そして知識を身に付けていないままで試合に臨んでしまった事がホトンドの原因です。

 

知識や経験の準備さえ十分なら恐怖を感じる事は自ずと減ります。

3.克服方法

タックルは一度ビックタックル成功してしまえば恐怖を失う事が出来ます。恐怖心を失うどころか、観客の声援・味方からの「ナイス!」の掛け声に酔いしれ、ビックタックルが癖になる人もいます。

 

でも、それが出来ないから困っているんですよね。。

 

アドレナリンも関係していますが、アドレナリンが上がる前に試合が決まってしまえば意味がありません。自ら上がるように高めていく必要があります。

 

大切なのは相手より先に攻める事です。つまり、「前に出る」最初からです。

 

相手にとって理想的な攻撃をさせない事も防御の目的であり、受け身になってしまえば相手が自由にプレー出来てしまいますが、

 

相手のプレー云(うんぬん)以前に、「前に出る」=「戦う姿勢」がその後、数十分のプレーに響いてくる事は言うまでもないでしょう。

 

「15分は様子を見よう。そこから100%で行く!」なんて考えているバカヤローはいないでしょう。ラグビーは最初のペースが試合終了までずるずる続く事がほとんどです。

 

また、ラグビーのディフェンスは大きく2つのシステムに分けられます。
・相手との間合いを素早く詰めてタックルするシステム
・相手攻撃ラインとは間合いが遠くなりますが相手の攻撃を見て勝負所を見極めてからタックルに行くシステム

 

デメリットから言えば、詰めるディフェンスはパスで抜かれ易く直線的なスピードで詰める分、ステップに弱く視野も狭くなる面もあります。

 

詰めないディフェンスでは間合いに余裕があるもののゲインラインを越えられ受け身のタックルになるかもしれません。

 

基本的にはアタックに対しディフェンスの人数が少ない時以外は「前に出る」事を意識して下さい。

 

この2つのディフェンスシステムから、今回タックルの恐怖を克服する為の2つの練習を説明します。

 

・1対1のタックル練習(膝をつく)

初心者であれば、誰もがやった事がある練習です。しかし、この練習が満足にこなせていないのであれば、次のステップに行くことは間違っています。

この練習では、

・タックルに入る姿勢
・顔の角度
・バインドの位置
・タイミング

タックルに必要な要素はほぼすべて身に付ける事が出来ます。下記動画の練習を確認してください。

タックルと同時にタックルした後のリアクションの速さも身に付ける事が出来ます。

 

・1対1のタックル練習

膝を着いた状態でのタックルが完璧に出来たら、「前に出る」のか「待つのか」を今一度意識しながら、立って行います。

 

このトレーニングでは5m~8mの幅の中で行うと良いでしょう。タックルは実戦同様に100%のタックルします。

 

自分達の攻撃の間合いとタックラ―の間合いとでは何が違うのかを知るにはとても良い練習です。

 

攻撃側は間合いに達した時、ステップやコンタクトなど何かしらの攻撃をするものです。防御側はその間合いを感じる事も必要ですが、自らその間合いを潰し相手の攻撃を封じる感覚も覚えなければいけません。

・ショートダッシュは忘れずに

一瞬の加速がタックルに強みを増してくれます。タックルに行くもスピードが無ければ間合いに入る事は容易ではありません。

 

どんなディフェンスでも最終的には個人がタックルの瞬間に踏み込む判断をしなければいけないのです。

 

1mダッシュを始め、5mダッシュまで行いタイムを測定しタイムを縮めていければ、ディフェンスはより一層プレッシャーを相手に与える事ができる。

 

上記の練習では一般的な練習メニューでもありますが、やらされ感なく目的さえ明確に持ち100%のパフォーマンスを発揮できれば素晴らしい練習へと進化します。

■最後に

当ページのライターも現役は引退しましたがラグビーを今も楽しんでます。タックルで恐怖を覚えたのは高校時代に左肩を脱臼した事がキッカケです。

 

初めての脱臼は激痛でそれ以降左肩からのタックルが難しくなりました。威力は右と比較しても弱く、それを理解しているからこそ右肩でなるべくタックルがいけるようポジショニングからディフェンスコースを工夫してきました。

 

ラグビーは闘うスポーツ。

 

恐怖に克つ為には”自信”を持つ事が絶対的に必要です。その為に知識を蓄えビデオで自身だけでなく他人のプレーも研究し吸収する事で理論や武器を作り成長出来ると考えています。

 

ただ、中にはディフェンスに関する知識を持っていないにも関わらず、試合に出ているプレイヤーがいるのも事実です。

 

それは、ラグビーの指導においてアタックメインの練習内容である事が理由の1つなのかもしれませんが、

 

タックルは”ボールを持ったら走る”ように、”相手が来たら止めればいい”

 

それくらいの気持ちで試合に挑めるようになれば、ラグビーが更に楽しくなり1つ上のステージで戦えるようになるでしょう。







コメントを残す