№8がデカい!エイタンの止め方? 







質問

僕はフランカーなのですが明日の試合相手のエイトが選抜に入っている程の選手で強いし速いです。

体格も全然違います。抜かれそうで心配です。エイタンの止め方について皆さんのコツなどがあれば教えてほしいです。

回答

デカい相手を止めるには、下に入るタックルが必要なのですが、エイタンを止める場合だけで言えば、低いタックルが無くても止める事が出来ます。

 

低くタックルが出来るても、足が速い№8は厄介です。スクラムのブレイクが遅れてしまうと、タックルも宝の持ち腐れで終了です。

 

なので、スクラムのブレイクは絶対に遅れてはいけないのです。

 

遅れないためにはどうすればいいのか?

 

まず、スクラムの組み方ですが、顔を上げてスクラムの上から№8を見ているようではだめです。これは2流のフランカーがやる事です。

 

1流のフランカーは、スクラムが回っても№8に喰らいつくほどの、しつこいディフェンススキルが必要です。

 

ボールを見るのは、スクラムの下から。ただし、どうしてもボールが見えなくなった場合は、上から見てもよいでしょう。

 

基本的には、下からボールをウォッチし、№8がボールを触る瞬間を確認します。そして触った瞬間にスクラムからブレイクし前に出ます。

 

最後にもっとも重要なのはスクラムの組み方です。エイタンの場合、スクラムの組む位置である程度は予測できると思います。

 

アタック側は敵陣の左サイドスクラムかセンタースクラムでのスクラム時にエイトサイドを使う事が多いでしょう。

 

予測は重要です。

「エイタン来るかも」と意識するだけでも止めれるか、止めれないかは変わってきます。

 

そして、エイタンを止める最後の秘訣は逆ヘッドです。

 

逆ヘッドは危険!は時により武器となります。また、それほどスピードに乗っていないエイタンの場面では、脳震盪になったり怪我をする事もほぼ無いといってもよいでしょう。

 

エイトサイドを通常通り、左肩でタックルに行こうとすると、ハンドオフやステップで抜かれてしまう事が多いです。

 







コメントを残す